ゴルフギア ドライバー

【スライスを克服する】ゴルフのドライバーショットを上達させる5つの戦略

Pocket

 

あなたは、スライスする厄介なゴルフのドライバーショットに苦労していませんか?

 

ドライバーショットでスライスを改善したい場合は、まずは右に曲がってしまう原因やメカニズム、自分のスイングやそれに合った道具の選定を行う必要があります。

 

今回の記事ではゴルフドライバーショットの改善し、スコアを好転させるために5つの戦略を紹介していきます。ぜひお読みください。

 

①スライスの基本を理解する

スライスを克服するためには、まず、ボールが右方向に行く原因を理解することが大切です。

 

スライスは、スイング軌道に対してクラブフェースが開いているために、ゴルフボールにサイドスピンが多くかかる場合に起こります。

 

これは通常、アウトサイドインのスイング軌道によって、インパクトでクラブフェースが開いたままになっていることが原因です。

 

よって、まずはアウトサイドインの軌道と、フェースが開いた状態でボールに当たる事を直していく必要があります。

 

スライスのもう一つの主な原因は、間違ったグリップです。

 

スライスに対して有効なグリップはスクエアかストロンググリップです。

 

まずは試してみて、ご自分に合ったグリップの握りを探し出してみてください。

 

②自分のスイングを把握・分析する

スライスを克服するための次のステップは、自分のスイングを分析して、ボールがその方向に行く原因を明らかにすることです。

 

まずは自分のスイングを録画し、スローモーションで再生することから始めましょう。

 

特に背面からの映像は、先ほどの項目で話したアウトサイドイン軌道の確認が行えます。

 

確認することで、自分のスイングがどのようなものか、どのような動きがスライスを生んでいるのかが明確になります。

 

スイングで矛盾を探して、スライスを引き起こしている可能性があるものを分析します。

 

③スイングのアライメントを調整する

あなたはスライスの原因となっているものを特定したら、次のステップは、それに応じてあなたのスイングアライメントを調整することです。

 

例えば、目標方向に対して肩、手、腕が一直線になっていないのであれば、スタンスを調整し、一直線になるようにします。

 

バックスイングがアウトサイドに引いている事が判明した場合、インサイドに引いてそのままインサイドから降りてくることを確認しましょう。

 

まずはハーフスイングでも構わないので、インサイドインの軌道を身に付けられるよう練習に励んでみてください。

 

④ゴルフの打ち上げモニターを活用する

あなたのスイングで行う必要があることを正確な調整をピンポイントで確認したい場合は、ゴルフのモニターは非常に貴重なツールとなることができます。

 

モニターは主にインドアゴルフ施設などに搭載されている機械で、速度、スピン率、打ち上げ角度、およびヒットしている各ボールの飛行経路を追跡し、

 

スイングを最適化するために必要な問題点がどこにあるかを理解するのに役立ちます。

 

モニターは高価ですが、インドア施設は月額数千円でレンタルすることも可能です。あなたが次のレベルに上達したいと思うなら場合、有意義な投資になるでしょう。

 

インドアゴルフ施設の詳細はインドアゴルフに通う5つのメリットに載せています。無料で体験できる所もあるので要チェックです。

 

インドアゴルフで練習する5つのメリット。おすすめインドア施設3選も紹介。

    目次1 インドアゴルフで練習するメリット・デメリットをそれぞれご紹介します1.1 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)2 インドアゴルフ5つのメリット2.1 ①最新のスイン ...

続きを見る

 

⑤適切な道具、ドライバー選びをする

ドライバーショットのスライスを改善したい場合、有効になる手段の一つが「自分のスイングに適したドライバー選び」です。

 

先ほどもお伝えしましたがクラブのフェースがボールに当たる瞬間に開いている状態だと、ボールにサイドスピンが掛かりスライスの原因になります。

 

逆に言えば、フェースがしっかりと閉じるように戻ってくるようなクラブ選びをすると改善が見込めます。

 

ドライバーにはヘッドとシャフトが付いていますが、スライス改善にはシャフト選びが重要な要素です。

 

まず、クラブがしっかり戻ってくるようなセッティングにしたいならキックポイントが先調子のシャフトを選ぶと良いでしょう。

 

先調子のシャフトだとヘッドが返ってくるのが早くなるので、スライスで悩む方にはオススメになります。

 

まとめ

ゴルフのドライバーショットを改善するには、まずボールがスライスするメカニズム・原因を理解する必要があります。

 

そして問題の原因を特定した後は、あなたのスイング軌道の確認や改善が必要です。

 

スライス軌道は主にアウトサイドインの軌道でフェースが開いている状態なので、まずはインサイドインの軌道を練習で習得していきましょう。

 

客観的にスイング軌道を確認するにはインドアゴルフ施設でモニターなどのハイテク機器を使うのも選択肢としてありでしょう。

 

また道具の選定も非常に重要です。特にスライスにはシャフトを先調子のものを選定するとヘッドの返りが早くなりスライスの改善に繋がる事もあります。

 

もしドライバー選びに困っているなら、下記の記事を参考にしてみてください。

 

実際に試打計測し、選りすぐりのドライバーをランキング形式にしてまとめました。

 

筆者おすすめの最新ドライバー飛距離ランキングを知りたい方は「ドライバー飛距離ランキング2022~2023」をご覧ください。

2022年~2023年ドライバー飛距離最強ランキングトップ8を紹介【1位はあのドライバー】

  目次1 2022年~2023年ドライバー飛距離ランキングトップ8を紹介します!1.1 今回の記事は以下の方におすすめ1.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)2 2022年~2023年 ...

続きを見る

 



-ゴルフギア, ドライバー
-, , , , , , ,

Copyright© とみぃのゴルフブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.