ゴルフギア ドライバー

2022年ドライバー飛距離最強ランキングトップ5を紹介【1位はあのドライバー】

Pocket

 

目次

2022年ドライバー飛距離ランキングトップ5を紹介します!

今シーズン様々な最新ドライバーを試打してきました。

 

その中のまとめ記事第一弾として、「平均飛距離ランキングトップ5」と称して紹介していきます。

 

今後のドライバー選びの参考にしていただけたら幸いです。

 

 

今回の記事は以下の方におすすめ

今回の記事は以下の方におすすめとなります。当てはまる方はブログ記事をぜひご覧ください。

こんな方におすすめ

  • 2022年最も飛距離があったドライバーの試打データを知りたい方
  • 飛距離がアップするドライバーを知りたい方
  • ドライバーの飛距離ランキングを知りたい方
  • ランキングトップ5ドライバーの弾道を知りたい方

 

この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)

 

・JGSCゴルフクラフトマンライセンス取得

 

 

・ドラコンプロライセンス取得

 

 

・公式大会【最長飛距離:364ヤード】

 

 

・ベストスコア:86

 

試打を行う際の弾道測定器はガーミンのアプローチR10になります。

 

 

2022年ドライバー平均飛距離ランキング1位:エピックスピードドライバー

それでは早速2022年のドライバー飛距離ランキングトップ5を紹介します。1位はキャロウェイエピックスピードドライバーです。

 

1位:エピックスピードドライバー【平均飛距離259ヤード】

 

栄えある1位はなんと「キャロウェイエピックスピードドライバー」でした。平均飛距離は259ヤードです。

 

 

YouTube動画はこちらから

エピックスピードドライバーのYouTube動画は以下をご覧ください。

 

 

キャロウェイエピックスピードドライバーの試打データ

エピックスピードドライバーの試打データはこちらからご覧ください。

1打目:263ヤード

飛距離:263ヤード

バックスピン量:2895rpm

サイドスピン量:45rpm(右)

 

2打目:249ヤード

 

飛距離:249ヤード

バックスピン量:2001rpm

サイドスピン量:58rpm(左)

 

 

3打目:274ヤード

 

飛距離:274ヤード

バックスピン量:2005rpm

サイドスピン量:7rpm(右)

 

 

 

4打目:272ヤード

飛距離:272ヤード

バックスピン量:2174rpm

サイドスピン量:10rpm(左)

 

 

5打目:237ヤード

 

飛距離:237ヤード

バックスピン量:4388rpm

サイドスピン量:189rpm(右)

 

キャロウェイエピックスピードドライバー 各平均データ

平均飛距離:259ヤード

平均バックスピン量:2692rpm

平均サイドスピン量:62rpm

 

データから読み取るキャロウェイエピックスピードドライバーの特徴

芯で捉えた時の圧倒的飛距離とライナー軌道

バックスピン量の平均値も非常に良い

サイドスピン量も安定している

飛距離、バックスピン量、サイドスピン量、いずれも今までのドライバーの中で最強スペック

 

 

キャロウェイエピックスピードドライバーのヘッド・シャフトスペック

キャロウェイエピックスピードドライバーのヘッド・シャフトスペックを紹介します。

ヘッドのスペック

 

ロフト角:9.0度

ライ角:58度

クラブ重量:302ℊ

ヘッド体積:460

クラブの長さ:45.75インチ

 

シャフトのスペック

 

diamana 50 for callaway

 

 

 

フレックス:S

シャフト重量:51ℊ 

バランス:D2

トルク:5.2

キックポイント:中調子

 

2022年ドライバー平均飛距離ランキング2位:ミズノST-Z 220ドライバー

2位にはミズノのST-Z 220ドライバーがランクインしました。平均飛距離は247ヤードでした。

 

2位:ミズノST-Z 220ドライバー【平均飛距離:247ヤード】

 

 

 

YouTube動画はこちら

ミズノST-Z 220ドライバーのYouTube動画は以下をご覧ください。

 

ミズノST-Z 220ドライバーの試打データ

 

ここからはミズノST-X 220ドライバーの試打データを確認していきます。今回も全部で5球の試打となります。

 

平均データやデータから読み取るミズノST-Z 220ドライバーの特徴も紹介していきます。

 

1打目:246ヤード

 

飛距離:246ヤード

バックスピン量:2080rpm

サイドスピン量:365rpm(L)

 

2打目:248ヤード

 

飛距離:248ヤード

バックスピン量:2123rpm

サイドスピン量:100rpm(R)

 

 

3打目:243ヤード

 

飛距離:243ヤード

バックスピン量:3109rpm

サイドスピン量:119rpm(L)

 

 

 

4打目:250ヤード

 

飛距離:250ヤード

バックスピン量:2740rpm

サイドスピン量:96rpm(R)

 

 

5打目:252ヤード

 

飛距離:252ヤード

バックスピン量:2526rpm

サイドスピン量:42rpm(L)

 

ミズノST-Z 220ドライバー各平均データはこちら

平均飛距離:247ヤード

平均バックスピン量:2516rpm

平均サイドスピン量:144rpm

 

データから読み取るミズノST-Z 220ドライバーの特徴

飛距離・バックスピン量・サイドスピン量すべての数値で2022年最高クラスのドライバー

バックスピン量も2022年計測上最高の数値(平均2516rpm)

サイドスピン量も少ない。ストレート~ドロー軌道寄り(平均144rpm)

高初速素材「フォージドβチタン」反発性能アップ「コアテックフェース」つかまり良し「スクエアストライクデザイン」の効果抜群。

 

ミズノST-Z 220ドライバーのヘッド・シャフトスペック

ミズノST-Z 220ドライバーのヘッド・シャフトのスペックを紹介していきます。

ヘッドのスペック

 

ロフト角:9.5度

ライ角:58.5度

ヘッド重量:196.4ℊ

ヘッド体積:450

クラブの長さ:45.5インチ

慣性モーメント:4770ℊ/㎠

フェイス角:-6.8°

重心角:21.2°

重心距離:39.6㎜

重心深度:39.4㎜

重心高:32.1㎜

第2重心高:21.1㎜

 

 

 

シャフトのスペック

・TOUR AD GM D カーボンシャフト

サイズ:10SG10SRG10RG

硬さ:SSRR

シャフト重さ:55ℊ、53ℊ、51ℊ

トルク:5.4、5.4、5.5

調子:すべて中調子

クラブ重量:299g、298ℊ、297g

 

 

・Diamana MM D カーボンシャフト

サイズ:10SM

硬さ:S

シャフト重さ:62ℊ

トルク:6.4

調子:中調子

クラブ重量:309g

 

・Air Speeder FM D カーボンシャフト

サイズ:10RF

硬さ:R

シャフト重さ:42

トルク:7.8

調子:先中調子

クラブ重量:287

 

・22 MFUSION D カーボンシャフト

サイズ:10R

硬さ:R

シャフト重さ:37

トルク:7.6

調子:中調子

クラブ重量:277

 

 

・20 PLATINUM MFUSION D カーボンシャフト

サイズ:10R

硬さ:S

シャフト重さ:62ℊ

トルク:6.4

調子:中調子

クラブ重量:309g

 

ミズノST-Z 220ドライバーの特徴

ミズノST-X220ドライバーの特徴をご紹介していきます。最新技術満載です。

 

ウェイトを中央に配置した設計

 

テーマは「直進性のST-Z」

 

バックセンター側に13ℊのウェイトを配置した低スピン設計。重心深度を深くして慣性モーメントを拡大。インパクト時のブレを抑えて高い直進性・安定性を追求。

 

高初速素材のフォージドβチタンを採用

 

 

フェースの素材に一般的なチタン合金に比べ17%強度が高く、8%たわみやすい特性を持つ「フォージドβチタン」を使用。

 

たわみやすく高い初速を出しやすい設計になっています。

 

コアテックフェースで反発性能アップ

 

フェース中心部に厚みを持たせてフェース周辺部を薄くする事でたわみの増幅させたミズノ独自のフェース設計。高い反発性能を発揮します。

 

つかまり度アップのスクエアストライクデザイン

 

慣性モーメントを大きくすることで打点のブレを軽減。またブレを軽減しながら重心距離を短くすることにも成功。

 

「スイートエリアの拡大」と「ヘッドの返しやすさ」を両立することができたドライバーです。

 

Golf Digest HOT LIST GOLD2022にノミネート

 

 

その年の優秀なクラブを決める「Golf Digest HOT LIST GOLD」ですが2022年はミズノのST220 シリーズもノミネートされています。

 

2022年ドライバー平均飛距離ランキング3位:ミズノST-X 220ドライバー

3位は2位と同じくミズノST220シリーズのST-X 220ドライバーがランクインしました。

3位:ミズノST-X 220ドライバー【平均飛距離:245ヤード】

 

created by Rinker
¥72,600 (2022/11/30 18:03:44時点 楽天市場調べ-詳細)

 

YouTube動画はこちら

ミズノST-X 220ドライバーのYouTube動画は以下をご覧ください。

 

ミズノST-X220ドライバーの試打データ

ここからはミズノST-X220ドライバーの試打データを確認していきます。今回も全部で5球の試打となります。

 

平均データやデータから読み取るミズノST-X220ドライバーの特徴も紹介していきます。

 

1打目:234ヤード

飛距離:234ヤード

バックスピン量:3695rpm

サイドスピン量:57rpm(L)

 

2打目:252ヤード

 

飛距離:252ヤード

バックスピン量:2941rpm

サイドスピン量:422rpm(L)

 

 

3打目:248ヤード

飛距離:248ヤード

バックスピン量:2932rpm

サイドスピン量:199rpm(L)

 

 

 

4打目:250ヤード

飛距離:250ヤード

バックスピン量:2956rpm

サイドスピン量:69rpm(L)

 

 

5打目:243ヤード

 

飛距離:243ヤード

バックスピン量:3270rpm

サイドスピン量:250rpm(R)

 

ミズノST-X220ドライバー各平均データはこちら

平均飛距離:245ヤード

平均バックスピン量:3158rpm

平均サイドスピン量:199rpm

 

データから読み取るミズノST-X220ドライバーの特徴

安定した高さと飛距離性能

バックスピン量も適正値に近い。高弾道でぶっ飛ぶ(平均3158rpm)

サイドスピン量も少ない。ストレート~ドロー軌道寄り(平均199rpm)

高初速素材「フォージドβチタン」反発性能アップ「コアテックフェース」つかまり良し「スクエアストライクデザイン」が効いてる!!

 

ミズノST-X220ドライバーのヘッド・シャフトスペック

ミズノST-X220ドライバーのヘッド・シャフトのスペックを紹介していきます。

ヘッドのスペック

 

ロフト角:9.5度

ライ角:59.5度

ヘッド重量:196.8ℊ

ヘッド体積:455

クラブの長さ:45.5インチ

慣性モーメント:4659ℊ/㎠

フェイス角:-3.3°

重心角:23.1°

重心距離:37.5㎜

重心深度:38.8㎜

重心高:31.2㎜

第2重心高:21.4㎜

 

シャフトのスペック

・TOUR AD GM D カーボンシャフト

サイズ:10SG10SRG10RG

硬さ:SSRR

シャフト重さ:55ℊ、53ℊ、51ℊ

トルク:5.4、5.4、5.5

調子:すべて中調子

クラブ重量:299g、298ℊ、297g

 

 

・Diamana MM D カーボンシャフト

サイズ:10SM

硬さ:S

シャフト重さ:62ℊ

トルク:6.4

調子:中調子

クラブ重量:309g

 

・Air Speeder FM D カーボンシャフト

サイズ:10RF

硬さ:R

シャフト重さ:42

トルク:7.8

調子:先中調子

クラブ重量:287

 

・22 MFUSION D カーボンシャフト

サイズ:10R

硬さ:R

シャフト重さ:37

トルク:7.6

調子:中調子

クラブ重量:277

 

 

・20 PLATINUM MFUSION D カーボンシャフト

サイズ:10R

硬さ:S

シャフト重さ:62ℊ

トルク:6.4

調子:中調子

クラブ重量:309g

 

ミズノST-X220ドライバーの特徴

ミズノST-X220ドライバーの特徴をご紹介していきます。最新技術満載です。

 

バックヒール側にウェイトを配置した設計

 

テーマは「つかまりのST-X」

 

バックヒール側に13ℊのウェイトを配置して重心距離を短くし、ヘッドを返しやすくボールをつかまりやすい設計を追求。

 

高初速素材のフォージドβチタンを採用

 

 

フェースの素材に一般的なチタン合金に比べ17%強度が高く、8%たわみやすい特性を持つ「フォージドβチタン」を使用。

 

たわみやすく高い初速を出しやすい設計になっています。

 

コアテックフェースで反発性能アップ

 

フェース中心部に厚みを持たせてフェース周辺部を薄くする事でたわみの増幅させたミズノ独自のフェース設計。高い反発性能を発揮します。

 

つかまり度アップのスクエアストライクデザイン

 

慣性モーメントを大きくすることで打点のブレを軽減。またブレを軽減しながら重心距離を短くすることにも成功。

 

「スイートエリアの拡大」と「ヘッドの返しやすさ」を両立することができたドライバーです。

 

2022年ドライバー平均飛距離ランキング4位:ピンG430MAXドライバー

そして第4位は2022年11月に新発売されたピンG430 MAXドライバーです。

 

4位:ピンG430 MAXドライバー

 

 

YouTube動画はこちら

ピンG430 MAXドライバーのYouTube動画は下記からご覧ください。

 

 

ピンG430 MAXドライバーの試打データ

 

ここからはピンG430 MAXドライバーの試打データを確認していきます。今回も全部で5球の試打となります。

 

平均データやデータから読み取るピンG430 MAXドライバーの特徴も紹介していきます。

 

1打目:248ヤード

 

飛距離:248ヤード

バックスピン量:3930rpm

サイドスピン量:71rpm(L)

 

2打目:230ヤード

 

飛距離:230ヤード

バックスピン量:4817rpm

サイドスピン量:203rpm(L)

 

 

3打目:236ヤード

 

飛距離:236ヤード

バックスピン量:4478rpm

サイドスピン量:185rpm(L)

 

 

 

4打目:232ヤード

 

飛距離:232ヤード

バックスピン量:4811rpm

サイドスピン量:142rpm(L)

 

 

5打目:243ヤード

 

飛距離:243ヤード

バックスピン量:2975rpm

サイドスピン量:316rpm(R)

 

ピンG430 MAXドライバー各平均データはこちら

平均飛距離:237ヤード

平均バックスピン量:4202rpm

平均サイドスピン量:183rpm

 

データから読み取るピンG430 MAXドライバーの特徴

何よりボールが上がりやすい。高弾道で直進性も高いドライバー

バックスピン量は少し多め(平均4202rpm)

サイドスピン量は平均183rpmと良い数値。軌道はストレート~ドロー軌道寄り

ロフトバリエーションが豊富に取り揃えられている。最大で12度まで選べる

デメリットとしてはロフト12度はボールが上がりやすい反面、バックスピン量が上がってしまい飛距離をロスする可能性あり(ロフト選びは非常に重要)

 

ピンG430 MAXドライバーのヘッド・シャフトスペック

ピンG430 MAXドライバーのヘッド・シャフトのスペックを紹介していきます。

ヘッドのスペック

 

ロフト角:9度、10.5度、12度

ライ角:59.5度

クラブ重量:302ℊ(SRフレックスの場合)

ヘッド体積:460

クラブの長さ:45.75インチ

 

シャフトのスペック

 

 

 

ALTA J CB BLACK カーボンシャフト

※順番に並べています。

硬さ:R、SR、S

シャフト重量:49ℊ、53ℊ、58ℊ

トルク:5.3、5.2、5.0

調子:先、中先、中調子

 

 

 

PING TOUR 2.0 CHROME 65

※順番に並べています。

硬さ:R、S、X

シャフト重量:55ℊ、60ℊ、65ℊ

トルク:4.4、4.2、3.8

調子:中、中元調子(S、Xシャフト)

 

 

 

PING TOUR 2.0  CHROME 75

※順番に並べています。

硬さ:R、S、X

シャフト重量:67ℊ、69ℊ、72ℊ

トルク:3.7、3.3、3.2

調子:中、中元調子(S、Xシャフト)

 

PING TOUR 2.0 BLACK 65

※順番に並べています。

硬さ:S、X

シャフト重量:59ℊ、65ℊ

トルク:3.8、3.5

調子:中元、手元調子

 

PING TOUR 2.0 BLACK 75

※順番に並べています。

硬さ:S、X

シャフト重量:73ℊ、76ℊ

トルク:3.2、2.9

調子:中元、手元調子

 

 

ピンG430 MAXドライバーの特徴

ピンG430 MAXドライバーの特徴をご紹介していきます。

進化した3つのヘッドで激飛

 

G430 MAXドライバーのテーマは「激飛」

 

空気抵抗を軽減するタービュレーター、スピンシステンシーテクノロジー、超極薄の反発フェースなどを搭載して激飛を演出します。

 

新バルジ&ロール設計

 

 

G430 MAXドライバーは新バルジ&ロール設計でミスヒット時でも最高のキャリー・飛距離を生む。

 

上下の打点ブレ時の飛距離ロスを抑える効果やフェース上下のロフトを各モデル毎に最適化することに成功しました。

 

超極薄の反発フェースで性能アップ

 

G430 MAXドライバーはフェース中心部は6%薄く、周辺部は9%薄く設計し、超極薄フェースで高い反発性能を発揮します。

 

快音を生み出す新サウンドリプ搭載

 

G430 MAXドライバーはクラウンからソールまでの形状を改良し、ヘッド内部の最も振動が発生する箇所にリブを配置。

 

打点がブレても快音を生み出すヘッドへ進化しています。

 

各ヘッドごとに異なるクラウンデザイン

 

 

G430 MAXとSFTはヘッド体積460cc、LSTは440ccに設計。

 

また視覚的にシャープに見えるマットブラックデザインを採用しています。

 

高MOI(慣性モーメント)で叩いてもブレない

 

G430 MAXドライバーは高MOI(慣性モーメント)で叩いてもブレない。

 

460ccではMOI最高峰の9700+(スタンダードポジションの場合)

 

また高比重ウェイトや弾道調整機能も搭載しています。

 

ロフト・ライ角調整機能や選べるシャフトバリエーション

それぞれ8ポジションのロフト・ライ角調整が可能で、自分のイメージに合わせたボール軌道を調整できます。

 

また、ヘッドスピードによって選べる3種類の純正シャフト(シャフト詳細はスペック参照)

 

2022年ドライバー平均飛距離ランキング5位:キャロウェイローグST MAX LSドライバー

5位にはキャロウェイのローグST MAX LSドライバーがランクインしました。

 

5位:キャロウェイローグST MAX LSドライバー

YouTube動画はこちらから

キャロウェイローグSTMAXLSドライバーのYouTube動画は下記からご覧ください。

 

 

キャロウェイローグ ST MAX LS の試打データ

 

1打目:245ヤード

 

 

飛距離:245ヤード

バックスピン量:3000rpm

サイドスピン量:192rpm(右)

 

2打目:234ヤード

 

飛距離:234ヤード

バックスピン量:3461rpm

サイドスピン量:316rpm(右)

 

3打目:232ヤード

 

飛距離:232ヤード

バックスピン量:3473rpm

サイドスピン量:366rpm(左)

 

 

4打目:238ヤード

 

飛距離:238ヤード

バックスピン量:2951rpm

サイドスピン量:107rpm(右)

 

 

5打目:231ヤード

 

飛距離:231ヤード

バックスピン量:3665rpm

サイドスピン量:64rpm(右)

 

 

キャロウェイローグ ST MAX LS 各平均データはこちら

平均飛距離:236ヤード

平均バックスピン量:3310rpm

平均サイドスピン量:209rpm

 

データから読み取るキャロウェイローグ ST MAX LS ドライバーの特徴

左にいくミスが圧倒的に少ない(引っ掛けが少ない)

バックスピン量も少なくライナー軌道

サイドスピン量も少ない(全て500rpm以下)

飛距離性能も抜群

 

キャロウェイローグ ST MAX LS ドライバーのヘッド・シャフトスペック

キャロウェイローグST MAX LSドライバーのヘッド・シャフトスペックをご紹介します。

 

ヘッドのスペック

ロフト角:9度

ライ角:57度

クラブ重量:308ℊ

ヘッド体積:455

クラブの長さ:45.5インチ

 

シャフトのスペック

TENSEI 55 for Callaway

 

 

 

フレックス:S

シャフト重量:55ℊ 

バランス:D4

トルク:4.3

キックポイント:中調子

 

まとめ【最新じゃなくても飛距離性能は抜群です】

今回は2022年に試打したドライバーシリーズの総まとめとして「最強飛距離ランキングトップ5」を紹介しました。

 

本記事の飛距離第1位はなんと「エピックスピードドライバー」でした。

 

エピックスピードドライバーは2021年発売のモデルで最新ではないのにも関わらず、堂々の1位でした。

 

2022年発売のキャロウェイ最新モデルのローグSTシリーズを凌ぐ結果(ローグST MAX LSは5位)になったのが私自身も驚きの結果です。

 

どうしても最新ドライバーに目が行きがちになりますが、最新ではないドライバーも性能としてはピカイチだったので、

 

実際に試打してみて、感覚的に打ちやすいドライバーを選ぶことも非常に重要な要素ではないかと思います。

 

ミズノST220シリーズは、その年の優秀なクラブを決める「Golf Digest HOT LIST GOLD」に選ばれているだけあって、

 

2モデルともに飛距離性能も素晴らしい結果になりました。

 

また2022年11月に新発売されるピンの「G430」シリーズからMAXが第4位の結果に。

 

ピンG430MAXドライバーは飛距離性能も良いですが、打感や打音にも非常にこだわって設計されているので要チェックです。

 

以上のトップ5のドライバーはどれも高性能のドライバーなので、皆様もぜひ試打をしてみてご自身に合ったドライバーを探していただけたら幸いです。

 

こちらの記事もおすすめです。

本ブログ総合ナンバーワンのドライバー(暫定)はミズノST-Z 220ドライバーになります。これは必見です。

ミズノST-Z220ドライバー試打レビュー【全てのデータで最高クラスです】

目次1 YouTube動画はこちら2 【結論】ミズノST-Z 220ドライバーは最高クラスの性能2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 ミズノST-Z 2 ...

続きを見る

 

またエピックスピードドライバーも負けずに超優秀なドライバーです。

キャロウェイエピックスピード試打レビュー・感想【最強のドライバーです】

  目次1 YouTube動画はこちらから2 キャロウェイエピックスピードドライバーは2021年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介) ...

続きを見る

 

高弾道と優しいつかまりのST-X220ドライバーも初心者ゴルファーにとてもおすすめです。

ミズノST-X220ドライバー試打レビュー【軽く振っても飛ぶ・上がる】

  目次1 YouTube動画はこちら2 ミズノST-X220ドライバーは軽く振っても飛ぶ・上がる。2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 ミズ ...

続きを見る

 

テーラーメイドステルスドライバーは方向性重視のフェード系ドライバー。左へのミスが気になる方向けです。

テーラーメイドステルスドライバーを試打レビューと感想【フェード一択】

目次1 YouTube動画はこちらから2 テーラーメイドステルスは2022年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 テーラーメイドステルスドラ ...

続きを見る

 

キャロウェイローグST MAX LSドライバーは左方向へのミスが気になる方へ非常におすすめのドライバーです。

 

キャロウェイローグST MAX LS 試打レビュー【圧倒的フェードと飛距離性能】

  目次1 YouTube動画はこちらから2 2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性( ...

続きを見る

 

キャロウェイローグST MAX FAST ドライバーは初心者でも十分に使える高弾道とつかまりやすさを兼ね備えています。

 

キャロウェイローグST MAX FAST試打レビュー【安定したバック・サイドスピン量】

目次1 YouTube動画はこちらから2 2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹 ...

続きを見る



-ゴルフギア, ドライバー
-, , , , , , ,

Copyright© とみぃのゴルフブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.