ゴルフギア ドライバー

スリクソンZX-5試打レビュー【隙が見当たらない最高レベルのドライバー】

Pocket

スリクソンZX−5ドライバー試打レビュー。飛距離・方向性共に抜群です。

zx-5ドライバーはサイドスピン量が低い為、直進性も高く、更にバックスピン量が適正に近い為、ほど良い中弾道が出せます!

 

今回の記事も実際に試打を行い、飛距離やサイドスピン量、バックスピン量、ヘッドスピードなどを数値化したので、ぜひご覧になって参考にしていただけたらと思います。

 

 

なお、試打する弾道測定器はガーミンのアプローチR10になります。

 

 

今回の記事は以下の方におすすめ

こんな方におすすめ

  • スライスやフックなどに悩む方
  • ボールをストレート軌道に飛ばせるドライバーを探している方
  • スリクソンZX-5ドライバーのスペックを知りたい方
  • スリクソンzx-5ドライバーのスピン量、飛距離などを知りたい方

 

この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)

・ドラコンプロライセンス取得

 

 

 

 

 

・公式大会【最長飛距離:364ヤード】

 

・ベストスコア:86

 

スリクソンZX-5ドライバーの試打レビュー動画はこちら

 

ドライバーのスライス・フックに悩んでいる方はこちらの記事もオススメです。

最新ゼクシオX-eksドライバー試打レビュー【スライス、フック悩むゴルファーはみるべき!】

 

スリクソンZX-5ドライバーの特徴・スペック紹介

ここで、スリクソンZX-5ドライバーの特徴・ヘッド・シャフトスペックをご紹介致します。

引用元URL:ダンロップ公式ホームページ

 

スリクソンZX-5ドライバーの特徴

高反発を生み出すたわみ

ダンロップ独自のテクノロジー「REBOUND FRAME」

「軟・剛・軟・剛」の4層構造が大きなたわみを生み出し、反発エリアの拡大を実現。

 

 

 

②反発エリアも増大

反発エリアは111パーセントでより飛距離が上がる設計となっている。

 

 

 

スリクソンZX-5ドライバーのヘッド・シャフトスペック

ヘッド体積:460

ヘッド素材:フェース(チタンSuper-TIX®︎51AF)/ボディ(8AL-2Vチタン)

ヘッド製法:フェース(鍛造)ボディ(ロストワックス精密)クラウン(加熟成型)

シャフト:Diamana TB50 カーボンシャフト

 

ZX-5ドライバーの試打データはこちら

 

 

1球目

 

距離:228ヤード

バックスピン量:1704 rpm(上記、画像赤枠)

サイドスピン量:101 rpm(上記、画像赤枠)

ヘッドスピード:46 m/s

 

 

2球目

 

距離:234ヤード

バックスピン量:3461 rpm(上記、画像赤枠)

サイドスピン量:316 rpm(上記、画像赤枠)

ヘッドスピード:45 m/s

 

 

3球目

 

距離:231ヤード

バックスピン量:3665 rpm

サイドスピン量:64 rpm

ヘッドスピード:42 m/s

 

 

4球目

 

距離:222ヤード

バックスピン量:4346 rpm(上記、画像赤枠)

サイドスピン量:209 rpm(上記、画像赤枠)

ヘッドスピード:46m/s

 

 

5球目

 

 

距離:226ヤード

バックスピン量:1472 rpm

サイドスピン量:275 rpm

ヘッドスピード:46m/s

 

 

5球打った平均データはこちら

平均距離:228.2ヤード 【222~234ヤード】

 

平均バックスピン量:2929 rpm   【1472~4346 rpm】(ヘッドスピード40~45m/s の場合:適正スピン量 2500~2750 rpm)

 

平均サイドスピン量:193 rpm 【64~316 rpm】(サイドスピン量:500rpm 以下でストレート軌道)

 

データからわかるzx-5の特徴

サイドスピン量の低さから直進性が高い

バックスピン量も適正に近く、中弾道で飛距離も伸びる

ヘッドスピードをあげても吹き上がりにくい

 

スリクソンZX-5ドライバーを試打してみた感想(メリット・デメリット)

ZX-5ドライバーを実際に打ってみての感想をメリット・デメリットに分けてご報告します。

 

スリクソンZX-5ドライバーのメリット

①データ通りの直進性

ゼクシオX-eks を試打した際もそうでしたが、スリクソンZX-5もサイドスピン量が少なく、今回の試打平均でスリクソンZX-5ドライバーのサイドスピン量:193 rpm【64~316 rpm】全てのボールでストレート軌道を記録しました(サイドスピン量:500rpm 以下でストレート軌道です)

真っ直ぐに打ちたい方にとってはオススメのドライバーと言えます。

 

②バックスピン量もほぼ適正値

ゼクシオX-eks を試打した際はバックスピン量が高い値もありましたが、今回の試打平均でスリクソンZX-5ドライバーのバックスピン量: 2929rpm という数値を記録しました(ヘッドスピード40~45m/s の場合:適正スピン量 2500~2750 rpm)

ヘッドスピードをある程度上げてもバックスピン量が適正に近かったので、ボールが吹き上がる心配も少ないです。

 

③ヘッドスピードが高いアスリートでもおもいっきり叩ける

ヘッドスピードを上げてもサイド・バックスピン量共に適正に近い数値だったので、おもいっきり叩くタイプのアスリートでも十分に使えるドライバーです。

シャフトをカスタムして自分なりのオリジナルドライバーにしても面白いですね。

 

スリクソンZX-5ドライバーのデメリット

①ボールを曲げて攻めたい方には、やや不向き

先ほどのメリットの面でも挙げましたが、サイドスピン量が少なく直進性が高いドライバーになるので、ボール軌道を操作して曲げたい方にはやや不向きと言えます。

 

スリクソンZX-5ドライバーのまとめ

zx-5ドライバーはサイドスピン量が低い為、直進性も高く更にバックスピン量が適正に近い為、ほど良い中弾道が出せます。ヘッドスピードが低い方でも高い方でも使えるオールラウンドの高性能ドライバーなので、どなたでも挑戦できるドライバーだと感じました。

 

あの松山英樹プロも使用していたドライバーなので、性能も間違いないでしょう。どのドライバーにしたら良いかわからない方は、スリクソンZX-5ドライバーを使ってみることをオススメします!

 

 

【筆者おすすめ記事】2022年版:ヘッドスピード45m/s以上向け、おすすめゴルフドライバー11選



-ゴルフギア, ドライバー
-, , , , , , ,

Copyright© とみぃのゴルフブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.