ゴルフギア

ピンG430フェアウェイウッド試打レビュー【7つの特徴も紹介、激飛です】

Pocket

YouTube動画はこちらから

 

【結論】ピンG430フェアウェイウッドはつかまり抜群の高弾道ウッドでした

今回試打レビューしたのは2022年11月に新発売されるピンの最新シリーズのG430フェアウェイウッドです。

 

G430フェアウェイウッドはつかまりが抜群で高弾道のフェアウェイウッドで、

 

ボールが上がりにくい、右に曲がると悩んでいるゴルファーにとって非常におすすめのフェアウェイウッドです。

 

G430シリーズのフェアウェイはMAXとSFTの2種類あり、それぞれで性質が違ってきます。

 

MAXは「叩いてもブレない」SFTは「つかまって飛ぶ」といった特徴があります。

 

今回はMAX、SFTを両方試打したので、結果が気になる方は是非、本記事をご覧になってください。

 

また実際に試打を行ったデータも比較していきます。

 

 

 

今回の記事は以下の方におすすめ

今回の記事は以下の方におすすめとなります。当てはまる方はブログ記事をぜひご覧ください。

こんな方におすすめ

  • ピンG430 フェアウェイウッドの試打データを知りたい方
  • ピンG430 フェアウェイウッドの飛距離を知りたい方
  • ピンG430 フェアウェイウッドのスペックを知りたい方
  • ピンG430 フェアウェイウッドの弾道を知りたい方

 

 

この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)

 

・JGSCゴルフクラフトマンライセンス取得

 

 

・ドラコンプロライセンス取得

 

 

・公式大会【最長飛距離:364ヤード】

 

 

・ベストスコア:86

 

試打を行う際の弾道測定器はガーミンのアプローチR10になります。

 

 

ピンG430フェアウェイウッドの試打データ

 

ここからはピンG430フェアウェイウッドの試打データを確認していきます。今回も全部で5球の試打となります。

 

平均データやデータから読み取るピンG430フェアウェイウッドの特徴も紹介していきます。

 

 

G430MAXフェアウェイウッド(7w)

1打目:214ヤード

 

飛距離:214ヤード

バックスピン量:4943rpm

サイドスピン量:161rpm(L)

 

2打目:207ヤード

 

飛距離:207ヤード

バックスピン量:5620rpm

サイドスピン量:166rpm(R)

 

 

3打目:197ヤード

 

飛距離:197ヤード

バックスピン量:5931rpm

サイドスピン量:90rpm(L)

 

 

 

4打目:197ヤード

 

飛距離:197ヤード

バックスピン量:5931rpm

サイドスピン量:90rpm(L)

 

 

5打目:214ヤード

 

飛距離:214ヤード

バックスピン量:4822rpm

サイドスピン量:181rpm(L

 

 

G430SFTフェアウェイウッド(3w)

1打目:222ヤード

 

飛距離:222ヤード

バックスピン量:3262rpm

サイドスピン量:6rpm(L)

 

2打目:224ヤード

 

飛距離:224ヤード

バックスピン量:3307rpm

サイドスピン量:16rpm(R)

 

 

3打目:224ヤード

 

飛距離:224ヤード

バックスピン量:3307rpm

サイドスピン量:16rpm(R)

 

 

 

4打目:217ヤード

 

飛距離:217ヤード

バックスピン量:4235rpm

サイドスピン量:269rpm(L)

 

 

5打目:216ヤード

 

飛距離:216ヤード

バックスピン量:5140rpm

サイドスピン量:4rpm(L

 

 

ピンG430フェアウェイウッド各平均データはこちら

G430MAXフェアウェイウッド(7w)

平均飛距離:205ヤード

平均バックスピン量:5496rpm

平均サイドスピン量:220rpm

 

G430SFTフェアウェイウッド(3w)

平均飛距離:220ヤード

平均バックスピン量:3850rpm

平均サイドスピン量:62rpm

 

データから読み取るピンG430フェアウェイウッドの特徴

ドライバー同様にボールが上がりやすい。高弾道でつかまりも良い

サイドスピン量は平均220rpmと良い数値。軌道はストレート~ドロー軌道寄り

MAXは叩きたい方、SFTはつかまり重視のゴルファー向け

デメリットとしてはシャフトの選択で軌道が変わること。叩きたい方はしっかりめのフレックス、つかまり重視の方は軽量シャフトを選択すると良い。

 

ピンG430フェアウェイウッドのヘッド・シャフトスペック

ピンG430 MAXフェアウェイウッドのヘッド・シャフトのスペックを紹介していきます。

ヘッドのスペック

 

MAXフェアウェイウッド

 

番手:3W、5W、7W、9W

ロフト角:16度、18度、21度、24度

ヘッド体積:176cc、165cc、154cc、148cc

ライ角:57.5度、58度、58.5度、59度

クラブ全長:43インチ、42.5インチ、42インチ、41.5インチ

重量:316g(シャフトSRの場合)

バランス:D1(シャフトSRの場合)

 

 

SFTフェアウェイウッド

番手:3W、5W、7W

ロフト角:16度、19度、22度

ヘッド体積:188cc、178cc、166cc

ライ角:58度、58.5度、59度

クラブ全長:43インチ、42.5インチ、42インチ

重量:312g(シャフトRの場合)

バランス:D0(シャフトRの場合)

 

シャフトのスペック

 

 

 

ALTA J CB BLACK カーボンシャフト

※順番に並べています。

硬さ:R、SR、S

シャフト重量:46ℊ、50ℊ、54ℊ

トルク:4.1、4.0、3.9

調子:先、中先、中調子

 

 

 

PING TOUR 2.0 CHROME 65

※順番に並べています。

硬さ:R、S、X

シャフト重量:51ℊ、56ℊ、60ℊ

トルク:4.4、4.2、3.8

調子:中、中元調子(S、Xシャフト)

 

 

 

PING TOUR 2.0  CHROME 75

※順番に並べています。

硬さ:R、S、X

シャフト重量:62ℊ、64ℊ、67ℊ

トルク:3.6、3.3、3.1

調子:中、中元調子(R、S、Xシャフト)

 

PING TOUR 2.0 BLACK 65

※順番に並べています。

硬さ:S、X

シャフト重量:54ℊ、61ℊ

トルク:3.8、3.5

調子:中元、手元調子

 

PING TOUR 2.0 BLACK 75

※順番に並べています。

硬さ:S、X

シャフト重量:67ℊ、70ℊ

トルク:3.2、2.9

調子:中元、手元調子

 

 

ピンG430フェアウェイウッド7つの特徴

ピンG430フェアウェイウッドの特徴をご紹介していきます。

①最新ヘッドテクノロジーと低重心設計で激飛・快音

 

G430フェアウェイウッドのテーマもドライバーと同様に「激飛」と「快音」

 

カーボンフライ・ラップテクノロジーで軽量化。そして低重心設計で理想の高さで狙えます。

 

クラウンからソールまでの形状を見直し、打点がブレても快音を生み出す事に成功。

 

上下左右のブレをMAXで約14%、SFTで約22%改善しています。

 

②スピンシステンシー・テクノロジーで最大のキャリー

 

新バルジ&ロール設計で上下のミスヒットが起こった際も最適なスピン量と弾道で、最大のキャリーと飛距離を生み出します。

 

③フェース・ラップ・テクノロジーで激飛びのフェースへ

 

G430フェアウェイウッドはフェース面積を拡大し、最大のたわみと初速を生み出す激飛フェースを開発しています。

 

④各ヘッドごとに異なる新クラウンデザイン

 

G430フェアウェイウッドは MAXとSFTごとにデザインを変更し、視覚的にシャープに見えるマットブラックデザインを採用しています。

 

⑤G430 MAXフェアウェイウッドは高MOI(慣性モーメント)で叩いてもブレない

 

G430 MAXフェアウェイウッドは高MOI(慣性モーメント)で叩いてもブレない。

 

先ほど紹介したカーボン・フライ・チップ・テクノロジーやスピンシステンシーテクノロジー、フェースラップテクノロジーで激飛び、快音を演出しています。

 

⑥G430 SFTフェアウェイウッドはヒールよりの重心設計でつかまえて飛ばす

 

G430SFTフェアウェイウッドは新重心設計により理想の高さでブレずに飛ばす。

 

⑦ロフト・ライ角調整機能や選べるシャフトバリエーション

 

それぞれ8ポジションのロフト・ライ角調整が可能で、自分のイメージに合わせたボール軌道を調整できます。

 

また、ヘッドスピードによって選べる3種類の純正シャフト(シャフト詳細はスペック参照)

 

ピンG430フェアウェイウッドを試打して(まとめ)

今回試打レビューしたピンの最新フェアウェイウッドG430MAXは直進性が抜群で高弾道のフェアウェイウッドでした。

 

叩いてもブレないので、おもいっきり打ちたいヒッター向けのフェアウェイウッドです。

 

高MOI(慣性モーメント)と極薄フェースで叩いてもブレない設計でヘッドスピードを上げてもサイドスピン量がしっかり抑えられている印象でした。

 

また、G430SFTドライバーはしっかりつかまる強弾道のフェアウェイウッドでした。

 

よってボールが右に曲がりやすい、上がりにくいと悩んでいるゴルファー向けのフェアウェイウッドです。

 

G430SFTフェアウェイウッドの方はヒール寄りに重心を設定することでヘッドの返りが良くなり、結果つかまるといったウッドです。

 

さらにG430フェアウェイウッドもクラウンからソールまでの形状を改良し、ヘッド内部の最も振動が発生する箇所にリブを配置。

 

打音にも非常にこだわって作られています。

 

G430ドライバー同様に、試打すると風を切り裂くような心地良い打音が響きます。

 

打音もぜひ体感していただけたらと思います。

 

今回のG430フェアウェイウッドもロフト・シャフト選びをしっかり行い効率よく「激飛」させてください。

 

 

こちらの記事もおすすめです。

2022年のドライバー飛距離ランキングを知りたい方は「ドライバー飛距離ランキング2022」をご覧ください。

2022年~2023年ドライバー飛距離最強ランキングトップ8を紹介【1位はあのドライバー】

  2022年~2023年ドライバー飛距離ランキングトップ8を紹介します! 2022年から2023年にかけて様々な最新ドライバーを試打してきました。   その中のまとめ記事として、 ...

続きを見る

 

本ブログ最強のドライバー(暫定)はミズノST-Z 220ドライバーになります。これは必見です。

ミズノST-Z220ドライバー試打レビュー【全てのデータで最高クラスです】

YouTube動画はこちら   【結論】ミズノST-Z 220ドライバーは最高クラスの性能 今回試打レビューしたミズノST-Z220ドライバーは飛距離・バックスピン量・サイドスピン量の数値で ...

続きを見る

 

またエピックスピードドライバーも負けずに超優秀なドライバーです。

キャロウェイエピックスピード試打レビュー・感想【最強のドライバーです】

  YouTube動画はこちらから   キャロウェイエピックスピードドライバーは2021年発売のモデル 本記事で試打レビューするドライバーは、2021年発売のキャロウェイエピックス ...

続きを見る

 

高弾道と優しいつかまりのST-X220ドライバーも初心者ゴルファーにとてもおすすめです。

ミズノST-X220ドライバー試打レビュー【軽く振っても飛ぶ・上がる】

  YouTube動画はこちら   ミズノST-X220ドライバーは軽く振っても飛ぶ・上がる。 今回試打レビューしたミズノST-X220ドライバーは力不足でボールの飛距離が出ない、 ...

続きを見る

 

テーラーメイドステルスドライバーは方向性重視のフェード系ドライバー。左へのミスが気になる方向けです。

テーラーメイドステルスドライバーを試打レビューと感想【フェード一択】

YouTube動画はこちらから     テーラーメイドステルスは2022年発売のモデル 本記事で試打レビューするドライバーは、2022年発売のテーラーメイドステルスになります。 & ...

続きを見る

 

キャロウェイローグST MAX LSドライバーは左方向へのミスが気になる方へ非常におすすめのドライバーです。

 

キャロウェイローグST MAX LS 試打レビュー【圧倒的フェードと飛距離性能】

  YouTube動画はこちらから   キャロウェイ ローグ ST マックス LS ドライバー USモデル (三菱ケミカル テンセイ AV ブルー / ホワイト シャフト) / C ...

続きを見る

 

キャロウェイローグST MAX FAST ドライバーは初心者でも十分に使える高弾道とつかまりやすさを兼ね備えています。

 

キャロウェイローグST MAX FAST試打レビュー【安定したバック・サイドスピン量】

YouTube動画はこちらから   2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類 本記事で試打レビューするドライバーは、キャロウェイ2022年最新ドライバ ...

続きを見る

 



-ゴルフギア
-, , , , ,

Copyright© とみぃのゴルフブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.