ゴルフギア ドライバー

ミズノST-X220ドライバー試打レビュー【軽く振っても飛ぶ・上がる】

Pocket

 

目次

YouTube動画はこちら

 

ミズノST-X220ドライバーは軽く振っても飛ぶ・上がる。

今回試打レビューしたミズノST-X220ドライバーは力不足でボールの飛距離が出ない、上がらないと悩んでいる方に非常におすすめのドライバーと言えるでしょう。

 

タイトル通りのドライバー性能で、軽く振っても飛ぶし上がる。

 

初心者ゴルファーにも心強い味方になりそうなドライバーです。

 

本記事でも実際に試打を行ったデータを比較していきます。

 

 

ミズノST-X220ドライバーの中古をお求めの方は、ゴルフドゥ!オンラインショップもおすすめです

 

2022年10月現在の値段:45780円~

 

今回の記事は以下の方におすすめ

こんな方におすすめ

  • ミズノST-X220ドライバーの試打データを知りたい方
  • ミズノST-X220ドライバーの飛距離を知りたい方
  • ミズノST-X220ドライバーのスペックを知りたい方
  • ミズノST-X220ドライバーの弾道を知りたい方

 

 

この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)

 

・JGSCゴルフクラフトマンライセンス取得

 

 

・ドラコンプロライセンス取得

 

 

・公式大会【最長飛距離:364ヤード】

 

 

・ベストスコア:86

 

試打を行う際の弾道測定器はガーミンのアプローチR10になります。

 

 

ミズノST-X220ドライバーの試打データ

ここからはミズノST-X220ドライバーの試打データを確認していきます。今回も全部で5球の試打となります。

 

平均データやデータから読み取るミズノST-X220ドライバーの特徴も紹介していきます。

 

1打目:234ヤード

飛距離:234ヤード

バックスピン量:3695rpm

サイドスピン量:57rpm(L)

 

2打目:252ヤード

 

飛距離:252ヤード

バックスピン量:2941rpm

サイドスピン量:422rpm(L)

 

 

3打目:248ヤード

飛距離:248ヤード

バックスピン量:2932rpm

サイドスピン量:199rpm(L)

 

 

 

4打目:250ヤード

飛距離:250ヤード

バックスピン量:2956rpm

サイドスピン量:69rpm(L)

 

 

5打目:243ヤード

 

飛距離:243ヤード

バックスピン量:3270rpm

サイドスピン量:250rpm(R)

 

ミズノST-X220ドライバー各平均データはこちら

平均飛距離:245ヤード

平均バックスピン量:3158rpm

平均サイドスピン量:199rpm

 

データから読み取るミズノST-X220ドライバーの特徴

安定した高さと飛距離性能

バックスピン量も適正値に近い。高弾道でぶっ飛ぶ(平均3158rpm)

サイドスピン量も少ない。ストレート~ドロー軌道寄り(平均199rpm)

高初速素材「フォージドβチタン」反発性能アップ「コアテックフェース」つかまり良し「スクエアストライクデザイン」が効いてる!!

 

ミズノST-X220ドライバーのヘッド・シャフトスペック

ミズノST-X220ドライバーのヘッド・シャフトのスペックを紹介していきます。

ヘッドのスペック

 

ロフト角:9.5度

ライ角:59.5度

ヘッド重量:196.8ℊ

ヘッド体積:455

クラブの長さ:45.5インチ

慣性モーメント:4659ℊ/㎠

フェイス角:-3.3°

重心角:23.1°

重心距離:37.5㎜

重心深度:38.8㎜

重心高:31.2㎜

第2重心高:21.4㎜

 

シャフトのスペック

・TOUR AD GM D カーボンシャフト

サイズ:10SG10SRG10RG

硬さ:SSRR

シャフト重さ:55ℊ、53ℊ、51ℊ

トルク:5.4、5.4、5.5

調子:すべて中調子

クラブ重量:299g、298ℊ、297g

 

 

・Diamana MM D カーボンシャフト

サイズ:10SM

硬さ:S

シャフト重さ:62ℊ

トルク:6.4

調子:中調子

クラブ重量:309g

 

・Air Speeder FM D カーボンシャフト

サイズ:10RF

硬さ:R

シャフト重さ:42

トルク:7.8

調子:先中調子

クラブ重量:287

 

・22 MFUSION D カーボンシャフト

サイズ:10R

硬さ:R

シャフト重さ:37

トルク:7.6

調子:中調子

クラブ重量:277

 

 

・20 PLATINUM MFUSION D カーボンシャフト

サイズ:10R

硬さ:S

シャフト重さ:62ℊ

トルク:6.4

調子:中調子

クラブ重量:309g

 

ミズノST-X220ドライバーの特徴

ミズノST-X220ドライバーの特徴をご紹介していきます。最新技術満載です。

 

バックヒール側にウェイトを配置した設計

 

テーマは「つかまりのST-X」

 

バックヒール側に13ℊのウェイトを配置して重心距離を短くし、ヘッドを返しやすくボールをつかまりやすい設計を追求。

 

高初速素材のフォージドβチタンを採用

 

 

フェースの素材に一般的なチタン合金に比べ17%強度が高く、8%たわみやすい特性を持つ「フォージドβチタン」を使用。

 

たわみやすく高い初速を出しやすい設計になっています。

 

コアテックフェースで反発性能アップ

 

フェース中心部に厚みを持たせてフェース周辺部を薄くする事でたわみの増幅させたミズノ独自のフェース設計。高い反発性能を発揮します。

 

つかまり度アップのスクエアストライクデザイン

 

慣性モーメントを大きくすることで打点のブレを軽減。またブレを軽減しながら重心距離を短くすることにも成功。

 

「スイートエリアの拡大」と「ヘッドの返しやすさ」を両立することができたドライバーです。

 

ミズノST-X220ドライバーを試打して(まとめ)

今回、試打したのは「ミズノST-X220ドライバー」です。

 

実際に打ってみての感想は「軽く振ってもボールが上がるし、よくつかまる」です。

 

私のヘッドスピード的には思いっきり打ったら引っ掛かりそうなイメージがあったので7割ぐらいの感覚で打ちましたが、

 

それでも十分すぎる飛距離でした(最大で252ヤード、平均245ヤード)

 

またつかまり度も良くストレートからドロー軌道が多く出ました。

 

最新技術のスクエアストライクデザインやウェイトの位置調整で、重心距離が短くなったことや新しいフェース素材を使っていることも飛距離アップの要因かと思います。

 

バックスピン量、サイドスピン量も程よく良い結果が出ました。

 

デメリットをあげるとしたら、少し重量が軽めだったのでおもいっきり叩くハードヒッターはシャフトやグリップなどの調整が必要かと。

 

ミズノST-X220ドライバーは初心者や中級者向けの優しい高性能ドライバーでした。

 

こちらのドライバー記事もおすすめです。

 

テーラーメイドステルスドライバー」は方向性重視のフェード系ドライバー。左へのミスが気になる方向けです。

テーラーメイドステルスドライバーを試打レビューと感想【フェード一択】

目次1 YouTube動画はこちらから2 テーラーメイドステルスは2022年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 テーラーメイドステルスドラ ...

続きを見る

 

キャロウェイローグST MAX LSドライバーは左方向へのミスが気になる方へ非常におすすめのドライバーです。

 

キャロウェイローグST MAX LS 試打レビュー【圧倒的フェードと飛距離性能】

  目次1 YouTube動画はこちらから2 2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性( ...

続きを見る

 

また「キャロウェイローグST MAX FAST ドライバー」は初心者でも十分に使える高弾道とつかまりやすさを兼ね備えています。

 

キャロウェイローグST MAX FAST試打レビュー【安定したバック・サイドスピン量】

目次1 YouTube動画はこちらから2 2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹 ...

続きを見る

 

そして本ブログ最強のドライバー(暫定)は「エピックスピードドライバー」になります。これは必見です。

 

キャロウェイエピックスピード試打レビュー・感想【最強のドライバーです】

  目次1 YouTube動画はこちらから2 キャロウェイエピックスピードドライバーは2021年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介) ...

続きを見る

 


 

-ゴルフギア, ドライバー
-, , , , ,

Copyright© とみぃのゴルフブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.