ゴルフギア ドライバー

【2022年ドライバー】バックスピン量の最強ランキングトップ5を紹介します

Pocket

 

目次

【2022年ドライバー】バックスピン量の最強ランキングトップ5を紹介します!

本記事では前回のドライバー飛距離ランキング2022に引き続き、バックスピン量のトップ5を紹介していきます。

 

バックスピン量とは、ボールの高低や飛距離に関するスピン量の事で、

 

スピン量が多ければ吹き上がり、高く飛んでいきます。

 

逆に少なければライナー軌道で低く飛んでいきます。

 

ドライバーのバックスピン量の適正値は2200~2500rpmで、2500rpm前後に近ければ最適なスピン量です。

 

最適なスピン量=飛距離アップに繋がるので、ぜひ注目していただきたい数値になります。

 

今回は実際に試打してきた中で、バックスピン量が2500rpmに近いドライバーをピックアップしてランキング形式にしました。

 

今後のドライバー選びの参考にしていただけたら幸いです。

 

今回の記事は以下の方におすすめ

今回の記事は以下の方におすすめとなります。当てはまる方はブログ記事をぜひご覧ください。

こんな方におすすめ

  • 2022年最もバックスピン量が良いドライバーの試打データを知りたい方
  • 飛距離がアップするドライバーを知りたい方
  • ドライバーのバックスピン量ランキングを知りたい方
  • ランキングトップ5ドライバーの弾道を知りたい方

 

この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)

 

・JGSCゴルフクラフトマンライセンス取得

 

 

・ドラコンプロライセンス取得

 

 

・公式大会【最長飛距離:364ヤード】

 

 

・ベストスコア:86

 

試打を行う際の弾道測定器はガーミンのアプローチR10になります。

 

 

2022年ドライバー平均バックスピン量ランキング1位:ミズノST-Z 220ドライバー

それでは早速2022年のドライバーバックスピン量ランキングトップ5を紹介します。1位はミズノST-Z 220ドライバーです。

 

1位:ミズノST-Z 220ドライバー【平均バックスピン量:2516rpm】

 

 

 

 

YouTube動画はこちら

ミズノST-Z 220ドライバーのYouTube動画は以下をご覧ください。

 

ミズノST-Z 220ドライバーの試打データ

 

ここからはミズノST-X 220ドライバーの試打データを確認していきます。今回も全部で5球の試打となります。

 

平均データやデータから読み取るミズノST-Z 220ドライバーの特徴も紹介していきます。

 

1打目:2080rpm

 

飛距離:246ヤード

バックスピン量:2080rpm

サイドスピン量:365rpm(L)

 

2打目:2123rpm

 

飛距離:248ヤード

バックスピン量:2123rpm

サイドスピン量:100rpm(R)

 

 

3打目:3109rpm

 

飛距離:243ヤード

バックスピン量:3109rpm

サイドスピン量:119rpm(L)

 

 

 

4打目:2740rpm

 

飛距離:250ヤード

バックスピン量:2740rpm

サイドスピン量:96rpm(R)

 

 

5打目:2526rpm

 

飛距離:252ヤード

バックスピン量:2526rpm

サイドスピン量:42rpm(L)

 

ミズノST-Z 220ドライバー各平均データはこちら

平均飛距離:247ヤード

平均バックスピン量:2516rpm

平均サイドスピン量:144rpm

 

データから読み取るミズノST-Z 220ドライバーの特徴

飛距離・バックスピン量・サイドスピン量すべての数値で2022年最高クラスのドライバー

バックスピン量も2022年計測上最高の数値(平均2516rpm)

サイドスピン量も少ない。ストレート~ドロー軌道寄り(平均144rpm)

高初速素材「フォージドβチタン」反発性能アップ「コアテックフェース」つかまり良し「スクエアストライクデザイン」の効果抜群。

 

ミズノST-Z 220ドライバーのヘッド・シャフトスペック

ミズノST-Z 220ドライバーのヘッド・シャフトのスペックを紹介していきます。

ヘッドのスペック

 

ロフト角:9.5度

ライ角:58.5度

ヘッド重量:196.4ℊ

ヘッド体積:450

クラブの長さ:45.5インチ

慣性モーメント:4770ℊ/㎠

フェイス角:-6.8°

重心角:21.2°

重心距離:39.6㎜

重心深度:39.4㎜

重心高:32.1㎜

第2重心高:21.1㎜

 

 

 

シャフトのスペック

・TOUR AD GM D カーボンシャフト

サイズ:10SG10SRG10RG

硬さ:SSRR

シャフト重さ:55ℊ、53ℊ、51ℊ

トルク:5.4、5.4、5.5

調子:すべて中調子

クラブ重量:299g、298ℊ、297g

 

 

・Diamana MM D カーボンシャフト

サイズ:10SM

硬さ:S

シャフト重さ:62ℊ

トルク:6.4

調子:中調子

クラブ重量:309g

 

・Air Speeder FM D カーボンシャフト

サイズ:10RF

硬さ:R

シャフト重さ:42

トルク:7.8

調子:先中調子

クラブ重量:287

 

・22 MFUSION D カーボンシャフト

サイズ:10R

硬さ:R

シャフト重さ:37

トルク:7.6

調子:中調子

クラブ重量:277

 

 

・20 PLATINUM MFUSION D カーボンシャフト

サイズ:10R

硬さ:S

シャフト重さ:62ℊ

トルク:6.4

調子:中調子

クラブ重量:309g

 

ミズノST-Z 220ドライバーの特徴

ミズノST-X220ドライバーの特徴をご紹介していきます。最新技術満載です。

 

ウェイトを中央に配置した設計

 

テーマは「直進性のST-Z」

 

バックセンター側に13ℊのウェイトを配置した低スピン設計。重心深度を深くして慣性モーメントを拡大。インパクト時のブレを抑えて高い直進性・安定性を追求。

 

高初速素材のフォージドβチタンを採用

 

 

フェースの素材に一般的なチタン合金に比べ17%強度が高く、8%たわみやすい特性を持つ「フォージドβチタン」を使用。

 

たわみやすく高い初速を出しやすい設計になっています。

 

コアテックフェースで反発性能アップ

 

フェース中心部に厚みを持たせてフェース周辺部を薄くする事でたわみの増幅させたミズノ独自のフェース設計。高い反発性能を発揮します。

 

つかまり度アップのスクエアストライクデザイン

 

慣性モーメントを大きくすることで打点のブレを軽減。またブレを軽減しながら重心距離を短くすることにも成功。

 

「スイートエリアの拡大」と「ヘッドの返しやすさ」を両立することができたドライバーです。

 

Golf Digest HOT LIST GOLD2022にノミネート

 

 

その年の優秀なクラブを決める「Golf Digest HOT LIST GOLD」ですが2022年はミズノのST220 シリーズもノミネートされています。

 

 

 

2022年ドライバーバックスピン量ランキング2位:キャロウェイエピックスピードドライバー

2位は「キャロウェイエピックスピードドライバー」でした。平均バックスピン量は2692rpmです。

 

2位:キャロウェイエピックスピードドライバー【平均バックスピン量:2692rpm】

 

 

YouTube動画はこちらから

エピックスピードドライバーのYouTube動画は以下をご覧ください。

 

 

キャロウェイエピックスピードドライバーの試打データ

エピックスピードドライバーの試打データはこちらからご覧ください。

1打目:2895rpm

飛距離:263ヤード

バックスピン量:2895rpm

サイドスピン量:45rpm(右)

 

2打目:2001rpm

 

飛距離:249ヤード

バックスピン量:2001rpm

サイドスピン量:58rpm(左)

 

 

3打目:2005rpm

 

飛距離:274ヤード

バックスピン量:2005rpm

サイドスピン量:7rpm(右)

 

 

 

4打目:2174rpm

飛距離:272ヤード

バックスピン量:2174rpm

サイドスピン量:10rpm(左)

 

 

5打目:4388rpm

 

飛距離:237ヤード

バックスピン量:4388rpm

サイドスピン量:189rpm(右)

 

キャロウェイエピックスピードドライバー 各平均データ

平均飛距離:259ヤード

平均バックスピン量:2692rpm

平均サイドスピン量:62rpm

 

データから読み取るキャロウェイエピックスピードドライバーの特徴

芯で捉えた時の圧倒的飛距離とライナー軌道

バックスピン量の平均値も非常に良い

サイドスピン量も安定している

飛距離、バックスピン量、サイドスピン量、いずれも今までのドライバーの中で最強スペック

 

 

キャロウェイエピックスピードドライバーのヘッド・シャフトスペック

キャロウェイエピックスピードドライバーのヘッド・シャフトスペックを紹介します。

ヘッドのスペック

 

ロフト角:9.0度

ライ角:58度

クラブ重量:302ℊ

ヘッド体積:460

クラブの長さ:45.75インチ

 

シャフトのスペック

 

diamana 50 for callaway

 

 

 

フレックス:S

シャフト重量:51ℊ 

バランス:D2

トルク:5.2

キックポイント:中調子

 

 

 

2022年ドライバーバックスピン量ランキング3位:テーラーメイドステルスHDドライバー

3位はテーラーメイドのステルスHDドライバーがランクインしました。平均バックスピン量は2795rpmです。

 

3位:テーラーメイドステルスHDドライバー【平均バックスピン量:2795rpm】

 

 

YouTube動画はこちらから

 

テーラーメイドステルスHDは2022年発売のモデル

2022年発売のテーラーメイドステルスHDは新テクノロジーの「カーボンウッド」をはじめ、最適の打ち出し角やスピン量、打感などこだわり抜いた最新モデルです。

 

またステルスHDドライバーには「ドローバイアス・イナーシャ・ジェネレーター」と呼ばれる機能が搭載されており、

 

ヒール側に「ドローバイアス設計」を採用することで、より高弾道でつかまりやすいボールを打つことが可能となりました。

 

テーラーメイド公式ホームページより

 

テーラーメイドステルスHDドライバーの試打データ

 

1打目:3958rpm

 

飛距離:218ヤード

バックスピン量:3958rpm

サイドスピン量:704rpm(R)

 

2打目:2361rpm

 

 

飛距離:240ヤード

バックスピン量:2361rpm

サイドスピン量:322rpm(L)

 

 

3打目:2700rpm

 

飛距離:238ヤード

バックスピン量:2700rpm

サイドスピン量:374rpm(L)

 

 

 

4打目:2236rpm

 

飛距離:233ヤード

バックスピン量:2236rpm

サイドスピン量:69rpm(L)

 

5打目:2723rpm

 

 

飛距離:250ヤード

バックスピン量:2723rpm

サイドスピン量:72rpm(L)

 

テーラーメイドステルスHDドライバー 各平均データはこちら

平均飛距離:235ヤード

平均バックスピン量:2795rpm

平均サイドスピン量:308rpm

 

データから読み取るテーラーメイドステルスHDドライバーの特徴

良くつかまり、良く飛ぶ!!

バックスピン量も適正値に近い。ほどよい中弾道(平均2795rpm)

サイドスピン量も適正内。ドロー軌道でぶっ飛ぶ(平均308rpm)

ステルス同様にスタイリッシュでデザイン良し、フェース面も先端技術でコーティングとドローバイアス設計が効いてる

 

 

テーラーメイドステルスHDドライバーのヘッド・シャフトスペック

ヘッドのスペック

 

ロフト角:9.0度

ライ角:56度

クラブ重量:302ℊ

ヘッド体積:460

クラブの長さ:45.75インチ

慣性モーメント:4770ℊ/㎠

フェイス角:-0.4°

重心角:26.4°

重心距離:41.6㎜

重心深度:43.2㎜

重心高:31.1㎜

第2重心高:23.4

 

シャフトのスペック

 

TENSEI RED TM50 

 

 

 

フレックス:S

シャフト重量:57ℊ 

バランス:D3

トルク:4.3

キックポイント:中調子

 

テーラーメイドステルスドライバーの特徴

新技術「カーボンウッド」で次の時代へ

以前はメタルウッドの技術でドライバー界を引っ張ってきたテーラーメイド。

 

今回はカーボンウッドという新技術を駆使して新しい時代のドライバーを開発しています。

 

カーボンウッドはエネルギー伝達を最適化することでボールの初速をアップさせることに成功。

 

また低重心化によって飛距離や優しさの限界突破へと導きます。

 

ミスヒットに強いフェース面

 

ナノテクスチャーPUカバーと呼ばれる素材をフェース面に採用しており、フェース全体にナノレベルのポリマーコーティング(PU)を施工し、どんな状況でも最適なスピン量と飛距離を可能にしました。

 

また新たに開発された60層のカーボンフェースで高い慣性モーメントを実現しました。

 

そして打感にもこだわっていて、心地よい「打音」をテーマに開発が進められました。

 

「ハイドローバイアス」設計で飛距離・つかまりやすさが向上

 

記事冒頭にもお伝えしましたが、ステルスHDドライバーには「ドローバイアス・イナーシャ・ジェネレーター」と呼ばれる機能が搭載されており、

 

ヒール側に「ドローバイアス設計」を採用することで、より高弾道でつかまりやすいボールを打つことが可能となりました。

 

2022年ドライバーバックスピン量ランキング4位:スリクソンZX-5ドライバー

そして第4位はスリクソンZX-5ドライバーです。平均バックスピン量は2929rpmです。

 

4位:スリクソンZX-5ドライバー【平均バックスピン量:2929rpm】

 

スリクソンZX-5ドライバーのYouTube動画は以下をご覧ください

 

スリクソンZX-5ドライバーの特徴・スペック紹介

ここで、スリクソンZX-5ドライバーの特徴・ヘッド・シャフトスペックをご紹介致します。

引用元URL:ダンロップ公式ホームページ

 

スリクソンZX-5ドライバーの特徴

高反発を生み出すたわみ

ダンロップ独自のテクノロジー「REBOUND FRAME」

 

「軟・剛・軟・剛」の4層構造が大きなたわみを生み出し、反発エリアの拡大を実現。

 

 

 

②反発エリアも増大

反発エリアは111パーセントでより飛距離が上がる設計となっている。

 

 

 

スリクソンZX-5ドライバーのヘッド・シャフトスペック

ヘッド体積:460

ヘッド素材:フェース(チタンSuper-TIX®︎51AF)/ボディ(8AL-2Vチタン)

ヘッド製法:フェース(鍛造)ボディ(ロストワックス精密)クラウン(加熟成型)

シャフト:Diamana TB50 カーボンシャフト

 

ZX-5ドライバーの試打データはこちら

スリクソンZX-5ドライバーの試打データは以下のようになります。

1球目:1704rpm

 

距離:228ヤード

バックスピン量:1704 rpm(上記、画像赤枠)

サイドスピン量:101 rpm(上記、画像赤枠)

 

 

2球目:3461rpm

 

距離:234ヤード

バックスピン量:3461 rpm(上記、画像赤枠)

サイドスピン量:316 rpm(上記、画像赤枠)

 

 

3球目:3665rpm

 

距離:231ヤード

バックスピン量:3665 rpm

サイドスピン量:64 rpm

 

 

4球目:4346rpm

 

距離:222ヤード

バックスピン量:4346 rpm(上記、画像赤枠)

サイドスピン量:209 rpm(上記、画像赤枠)

 

 

5球目:1472rpm

 

 

距離:226ヤード

バックスピン量:1472 rpm

サイドスピン量:275 rpm

 

 

5球打った平均データはこちら

平均距離:228.2ヤード 【222~234ヤード】

 

平均バックスピン量:2929 rpm   【1472~4346 rpm】(ヘッドスピード40~45m/s の場合:適正スピン量 2500~2750 rpm)

 

平均サイドスピン量:193 rpm 【64~316 rpm】(サイドスピン量:500rpm 以下でストレート軌道)

 

データからわかるzx-5の特徴

サイドスピン量の低さから直進性が高い

 

バックスピン量も適正に近く、中弾道で飛距離も伸びる

 

ヘッドスピードをあげても吹き上がりにくい

 

 

スリクソンZX-5ドライバーを試打してみた感想(メリット・デメリット)

ZX-5ドライバーを実際に打ってみての感想をメリット・デメリットに分けてご報告します。

 

スリクソンZX-5ドライバーのメリット

①データ通りの直進性

スリクソンZX-5はサイドスピン量が少なく、今回の試打平均でスリクソンZX-5ドライバーのサイドスピン量:193 rpm【64~316 rpm】

 

全てのボールでストレート軌道を記録しました(サイドスピン量:500rpm 以下でストレート軌道です)

 

真っ直ぐに打ちたい方にとってはオススメのドライバーと言えます。

 

②バックスピン量もほぼ適正値

ゼクシオX-eks を試打した際はバックスピン量が高い値もありましたが、

 

今回の試打平均でスリクソンZX-5ドライバーのバックスピン量: 2929rpmという数値を記録しました(ヘッドスピード40~45m/s の場合:適正スピン量 2500~2750 rpm)

 

ヘッドスピードをある程度上げてもバックスピン量が適正に近かったので、ボールが吹き上がる心配も少ないです。

 

③ヘッドスピードが高いアスリートでもおもいっきり叩ける

ヘッドスピードを上げてもサイド・バックスピン量共に適正に近い数値だったので、おもいっきり叩くタイプのアスリートでも十分に使えるドライバーです。

 

シャフトをカスタムして自分なりのオリジナルドライバーにしても面白いですね。

 

スリクソンZX-5ドライバーのデメリット

①ボールを曲げて攻めたい方には、やや不向き

先ほどのメリットの面でも挙げましたが、サイドスピン量が少なく直進性が高いドライバーになるので、ボール軌道を操作して曲げたい方にはやや不向きと言えます。

 

2022年ドライバー平均飛距離ランキング5位:スリクソンZX-7ドライバー

5位にはスリクソンZX-7ドライバーがランクインしました。平均バックスピン量は3143rpmです。

 

5位:ZX-7ドライバー【平均バックスピン量:3143rpm】

 

 

YouTube動画はこちらから

スリクソンZX-7の試打データはこちら

スリクソンZX‐7の試打データは以下のようになります。

1打目:2360rpm

飛距離:227ヤード

バックスピン量:2360rpm

サイドスピン量:164rpm

 

2打目:3193rpm

飛距離:220ヤード

バックスピン量:3193 rpm

サイドスピン量:205 rpm

3打目:2635rpm

飛距離:239 ヤード

バックスピン量:2635 rpm

サイドスピン量:43 rpm

 

4打目:3542rpm

飛距離:220ヤード

バックスピン量:3542 rpm

サイドスピン量:174 rpm

 

5打目:3989rpm

飛距離:223ヤード

バックスピン量:3989 rpm

サイドスピン量:104 rpm

 

スリクソンZX−7ドライバーのデータまとめ

平均飛距離:225.8ヤード(220〜239ヤード)

平均バックスピン量:3143 rpm(2360〜3989 rpm)

平均サイドスピン量:138 rpm(43〜205 rpm)

 

データから読み取るスリクソンZX−7ドライバーの特徴

弾道がライナー軌道で力強い(バックスピン量が少ない)

バックスピン量も適正値に近い

サイドスピン量も少なくストレート軌道に近い

打ち方次第では、フェードやドローボールの打ち分けも可能

 

スリクソンZX-7ドライバーの特徴・スペック紹介

ここで、スリクソンZX-7ドライバーの特徴・ヘッド・シャフトスペックをご紹介致します。

引用元URL:ダンロップ公式ホームページ

 

スリクソンZX-7ドライバーの特徴

高反発を生み出すたわみ

ダンロップ独自のテクノロジー「REBOUND FRAME」

「軟・剛・軟・剛」の4層構造が大きなたわみを生み出し、反発エリアの拡大を実現。

 

 

 

②反発エリアも増大

反発エリアは111パーセントでより飛距離が上がる設計となっている。

 

 

 

スリクソンZX-7ドライバーのヘッド・シャフトスペック

ヘッド体積:460

ヘッド素材:フェース(チタンSuper-TIX®︎51AF)/ボディ(8AL-2Vチタン)

ヘッド製法:フェース(鍛造)ボディ(ロストワックス精密)クラウン(加熟成型)

シャフト:ディアマナ TB50 カーボンシャフト

 

ディアマナTB50シャフトの特徴

キックポイント:中元調子

ボールの軌道:ややフェード

ボールの高さ:中弾道

 

まとめ【バックスピン量は飛距離性能とも関連あり】

今回は2022年に試打したドライバーシリーズの総まとめ第2弾として「最強バックスピン量ランキングトップ5」を紹介しました。

 

本記事の飛距離第1位は「ミズノST-Z 220ドライバー」でした。

 

ミズノST-Z 220ドライバーは飛距離ランキングでも2位にランクインしていて、バックスピン量の優秀さと関連して飛距離性能も高いドライバーと言えます。

 

ミズノST220シリーズは、その年の優秀なクラブを決める「Golf Digest HOT LIST GOLD」に選ばれているだけあって、

 

バックスピン量も素晴らしい結果になりました。

 

また2位にランクインしたのは「エピックスピードドライバー」です。エピックスピードドライバーは飛距離ランキングでは1位に入っていて、こちらもバックスピン量との関連が伺えます。

3位に入ったのは2022年モデルの「テーラーメイドステルスHDドライバー」です。ステルスHDドライバーはつかまりや飛距離性能も良く、スライスで悩むゴルファーにとっては非常に相性の良かったドライバーです。

そして4位、5位は共にスリクソンのZXシリーズ「スリクソンZX-5ドライバー」と「スリクソンZX-7ドライバー」です。

 

スリクソンZXシリーズは昨年発売したモデルですが、いまだに根強い人気で高性能の証が今回の結果にも出ました。

 

以上のトップ5のドライバーはどれも高性能のドライバーなので、皆様もぜひ試打をしてみてご自身に合ったドライバーを探していただけたら幸いです。

 

こちらの記事もおすすめです。

本ブログ総合ナンバーワンのドライバー(暫定)はミズノST-Z 220ドライバーになります。これは必見です。

ミズノST-Z220ドライバー試打レビュー【全てのデータで最高クラスです】

目次1 YouTube動画はこちら2 【結論】ミズノST-Z 220ドライバーは最高クラスの性能2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 ミズノST-Z 2 ...

続きを見る

 

またエピックスピードドライバーも負けずに超優秀なドライバーです。

キャロウェイエピックスピード試打レビュー・感想【最強のドライバーです】

  目次1 YouTube動画はこちらから2 キャロウェイエピックスピードドライバーは2021年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介) ...

続きを見る

 

高弾道と優しいつかまりのST-X220ドライバーも初心者ゴルファーにとてもおすすめです。

ミズノST-X220ドライバー試打レビュー【軽く振っても飛ぶ・上がる】

  目次1 YouTube動画はこちら2 ミズノST-X220ドライバーは軽く振っても飛ぶ・上がる。2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 ミズ ...

続きを見る

 

テーラーメイドステルスドライバーは方向性重視のフェード系ドライバー。左へのミスが気になる方向けです。

テーラーメイドステルスドライバーを試打レビューと感想【フェード一択】

目次1 YouTube動画はこちらから2 テーラーメイドステルスは2022年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 テーラーメイドステルスドラ ...

続きを見る

 

キャロウェイローグST MAX LSドライバーは左方向へのミスが気になる方へ非常におすすめのドライバーです。

 

キャロウェイローグST MAX LS 試打レビュー【圧倒的フェードと飛距離性能】

  目次1 YouTube動画はこちらから2 2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性( ...

続きを見る

 

キャロウェイローグST MAX FAST ドライバーは初心者でも十分に使える高弾道とつかまりやすさを兼ね備えています。

 

キャロウェイローグST MAX FAST試打レビュー【安定したバック・サイドスピン量】

目次1 YouTube動画はこちらから2 2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹 ...

続きを見る


-ゴルフギア, ドライバー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© とみぃのゴルフブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.