ゴルフギア

ベンタスブラックシャフト試打レビュー【優秀な飛距離性能と安心して叩ける信頼感】

Pocket

 

 

YouTube動画はこちらから

 

ベンタスブラックは安定した飛距離性能と方向性

今回は「ベンタスブラック」についてご紹介していきます。

筆者もエースドライバーのシャフトとして使用しており、おもいっきり叩けるシャフトで安定した飛距離性能と方向性が特徴的です。

シャフトの細かいデータや試打データも掲載します。ぜひご覧ください。

 

 

今回の記事は以下の方におすすめ

こんな方におすすめ

  • ベンタスブラックの試打データを知りたい方
  • ベンタスブラックの飛距離を知りたい方
  • ベンタスブラックのスペックを知りたい方
  • ベンタスブラックの弾道を知りたい方

 

 

この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)

 

・JGSCゴルフクラフトマンライセンス取得

 

 

・ドラコンプロライセンス取得

 

 

・公式大会【最長飛距離:364ヤード】

 

 

・ベストスコア:86

 

試打を行う際の弾道測定器はガーミンのアプローチR10になります。

 

 

ベンタスブラックの詳細スペックはこちら

今回はベンタスブラック6を例に詳細スペックを掲載します。

ココがポイント

【フレックス値】

シャフトの硬さを表す

【トルク度】

数値が小さいと操作性重視、大きいとズレを抑制する方向性重視

【調子係数】

9.9以下は超先調子、10~14.9は先調子、15~19.9は先中調子、20~24.9は中調子、25~29.9は中元調子、30~34.9は元調子、35以上は超元調子

【バランスポイント】

シャフトの重心位置がチップから何パーセントにあるかを示す数値。基本は55%

【チップ・センター・バット剛性】

シャフトの先端がチップ、真ん中がセンター、根元がバットと表される。数値が高ければその部分は硬いという事。

【T/C】

上記チップ・センター剛性の値から表される数値。T/Cはヘッドの返りやすさを表す。

【C/B】

上記センター・バット剛性の値から表される数値。C/Bはタメの作りやすさを表す。

 

 

フレックスSの場合

長さ:1168㎜

重量:64.9g

フレックス値:13.2

トルク度:3.3

バランスポイント:52.6%

チップ剛性:12.2

センター剛性:17.4

バット剛性:25.0

T/C:0.7

C/B:0.7

調子係数:34.2

 

フレックスXの場合

長さ:1168㎜

重量:64.3g

フレックス値:14.6

トルク度:2.9

バランスポイント:52.9%

チップ剛性:12.6

センター剛性:19.7

バット剛性:26.6

T/C:0.64

C/B:0.74

調子係数:30.2

 

ベンタスブラックシャフトの試打データ

 

1打目:218ヤード

 

飛距離:218ヤード

バックスピン量:4697rpm

サイドスピン量:125rpm(R)

 

2打目:257ヤード

飛距離:257ヤード

バックスピン量:2535rpm

サイドスピン量:125rpm

 

 

3打目:217ヤード

 

飛距離:217ヤード

バックスピン量:5364rpm

サイドスピン量:351rpm(R)

 

 

 

4打目:244ヤード

 

飛距離:244ヤード

バックスピン量:2680rpm

サイドスピン量:86rpm(R)

 

 

5打目:239ヤード

 

 

飛距離:239ヤード

バックスピン量:1777rpm

サイドスピン量:102rpm

 

ベンタスブラックシャフト 各平均データはこちら

平均飛距離:235ヤード

平均バックスピン量:3410rpm

平均サイドスピン量:157rpm

 

データから読み取るベンタスブラックシャフトの特徴

左方向へのミスが怖くない

左へのミスを恐れず思いっきり叩ける

サイドスピン量がしっかり抑えられている(平均157rpm)

フェード系軌道で攻めたいならベンタスブラックで決まり

フレックスバリエーションも豊富で、5Xは硬くて軽いモデルなので振りやすい

 

ベンタスブラックシャフトを試打して(まとめ)

今回はベンタスブラックシャフトの試打レビューでした。

 

ベンタスブラックシャフトを使用しての感想は、まず左へのミスが少ないこと。

 

ほとんどのボールがフェード・スライス系の弾道をコントロールできました。

 

1球だけ左に引っかけそうになる打球がありましたが、大きく左方向へ行くことはありませんでした。

 

またサイドスピン量も平均157rpmとしっかり抑えられていました。

 

tip(先端)を硬く、butt(手元)を少しマイルドに設計。これによって鋼の手元調子が完成します(調子係数は30.2で手元調子)

 

やはりスペック通りの方向性抜群のシャフトでした。

 

おすすめ記事一覧

テーラーメイドステルスドライバー」は方向性重視のフェード系ドライバー。左へのミスが気になる方向けです。

テーラーメイドステルスドライバーを試打レビューと感想【フェード一択】

目次1 YouTube動画はこちらから2 テーラーメイドステルスは2022年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 テーラーメイドステルスドラ ...

続きを見る

 

テーラーメイドステルスHDドライバー」は飛距離とつかまりやすさ、優しさを求めるゴルファー向けのドライバーです。

テーラーメイドステルスHDドライバー試打レビュー【ステルスより飛ぶ】

目次1 YouTube動画はこちらから2 テーラーメイドステルスHDは2022年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介)3 テーラーメイドステルス ...

続きを見る

 

キャロウェイローグST MAX LSドライバーは左方向へのミスが気になる方へ非常におすすめのドライバーです。

 

キャロウェイローグST MAX LS 試打レビュー【圧倒的フェードと飛距離性能】

  目次1 YouTube動画はこちらから2 2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性( ...

続きを見る

 

また「キャロウェイローグST MAX FAST ドライバー」は初心者でも十分に使える高弾道とつかまりやすさを兼ね備えています。

 

キャロウェイローグST MAX FAST試打レビュー【安定したバック・サイドスピン量】

目次1 YouTube動画はこちらから2 2022年キャロウェイ最新ドライバー「キャロウェイローグSTシリーズ」は全4種類2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹 ...

続きを見る

 

そして本ブログ最強のドライバー(暫定)は「エピックスピードドライバー」になります。これは必見です。

 

キャロウェイエピックスピード試打レビュー・感想【最強のドライバーです】

  目次1 YouTube動画はこちらから2 キャロウェイエピックスピードドライバーは2021年発売のモデル2.1 今回の記事は以下の方におすすめ2.2 この記事の信頼性(筆者の簡単な紹介) ...

続きを見る

 


-ゴルフギア
-, , , ,

Copyright© とみぃのゴルフブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.